浮気調査をするのであれば、相手がどこにいるのかを特定することが重要となります。
そのためには、尾行するのが一番手っ取り早いですが、尾行というのは極めてデリケートで難しいものであるため、素人が成功させるのは難易度が高いと言わざるを得ません。
探偵のような専門家に頼めば話は別ですが、一般人は尾行術について学ぶ機会なんて普通ないものであるため、こればかりはなるようになるしかないのです。
一応、最近はインターネットや本で調べれば、尾行するためのテクニックを学ぶことはできますが、経験がない以上は付け焼き刃にしかなりませんし、やはり尾行を成功させるのは難しいと言えます。
そこでおすすめなのがGPSを利用する方法です。
GPSというのは簡単にいえば、位置情報を特定するためのサービスであり、最近は携帯電話に標準搭載されているサービスとなっています。
このサービスを活用すれば、どこにいても位置情報を特定することが可能なので、調査相手が今どこにいるのかなども簡単に判別することができるのです。
これさえあれば、下手な尾行を用いて、苦労して後をつけるよりも、よっぽど簡単に浮気の現場を見つけることが可能となり、浮気調査においてはうってつけであると言えます。
ただし、最近の携帯電話にはGPSが標準搭載されていることが多いとはいえ、搭載されていない携帯電話もあるため、場合によっては利用できないこともあるので注意しなければなりません。
ただし、そういった時は、いっそGPS付きの携帯電話を購入して、相手にプレゼントしたり、あるいはこっそり車や鞄に仕込んでおけばGPSを利用することができるようになるので、浮気調査をするならGPSを活用することをおすすめします。