探偵事務所にお邪魔して、色々な事務所のサービスを聞いて、その上でここが良いと思ったなら、次にやるべきは契約の締結です。
探偵事務所が契約書を用意してくれるので、問題がないようならサインなり押印なりして契約を交わし、これではれて浮気調査をはじめてもらうことができるようになります。
ただし、契約書については、サインなり押印なりする前に、必ず内容についてよく確認しておきましょう。
今回は、探偵事務所と契約する上で、チェックしておきたい契約書のポイントについて説明します。
まずはじめにチェックすべきは、具体的な依頼料がしっかり契約書に掲載されているかという点です。
契約書に料金が掲載されていない場合、後で様々な追加料金が発生して、予定外の出費が必要になる場合があります。
そのため、この依頼を受けることでどの程度の料金が必要になるのか、しっかり明記していることを確認するべきなのです。
また、できることなら追加料金が発生しないという文章があるとなお良しなので、大丈夫なようでしたら契約書に追加で記入してもらうように求めると良いです。
続いてチェックするべきなのは、依頼における成功の条件についてしっかり明記されているかという点です。
探偵事務所というのは、基本的に何らかの基準を満たすことを依頼の成功とみなす業務です。
そのため、どの程度の結果を出せば依頼成功となるのか、その条件がしっかりしていなければ、探偵事務所の測量で成功と失敗を判断されてしまうので、場合によってはこちらの望む結果とは異なる結果を成功とされてしまうことがあるのです。
そういった状況を避けるためにも、契約書にて自分が満足できる結果を満たすことが成功の条件であるということがしっかりと明記されている契約書を作ってもらう必要があるのです。