探偵事務所の料金体制について調べていると、よく見かけるサービスの1つに、成功報酬制度があります。
成功報酬制度とは、言葉の通り依頼に成功した場合のみ報酬を受け取るという支払い形式のことであり、もしも依頼が失敗すればお金を払わなくて良い制度ということになります。
この話を聞くと、誰もが良心的で、良い探偵事務所であるというイメージを抱くものです。
実際、探偵に依頼したからといって、絶対に証拠をつかんでくれるとは限らないわけですし、せっかく依頼したのに失敗して、その上お金まで要求されたらやってられません。
もちろん、調査対象が浮気をしていないから、もともとない証拠を探しても出るわけがないというように、結果が出ないこともやむを得ない状況だってありますが、それでも依頼したからには何か成果が欲しいと思うのも当然ですし、何も証拠がつかめなかったから浮気していませんと言われて、代金を要求されても、なんだか詐欺にあったようでモヤモヤするのも仕方ないことです。
そういったケースがあることを考えるに、成功報酬制度は非常に魅力的な支払い方式であると言えます。
依頼が失敗すればお金を払わなくて良いということは、万が一、調査対象が白であり、自分の勘違いだった場合はお金を払わなくてすむため、そのことを考えれば、非常にお得であるように思えます。
ですが、もしも調査対象が白である可能性が高いのならとにかく、黒である可能性が高いのであれば、実は成功報酬制度はむしろ損をする可能性が高い支払い方式なのです。
どうしてかというと、成功報酬制度を実施している探偵事務所は、成功報酬制度を実施していない探偵事務所と比べて、依頼料が割高である傾向があるからです。
どうしてそうなっているのかというと、成功報酬がでなくてもやっていけるように成功した場合の報酬を高くしているのです。
こういったデメリットがあるため、調査対象が浮気している可能性が高いと考えており、浮気の確認よりも証拠を集めることを重視する依頼であるなら、成功報酬制度のない探偵事務所の方が良いのです。