法律用語では、浮気を「不貞」と呼んでいますが、配偶者あるいは恋人の浮気を調査するのが探偵社です。
浮気が事実かどうか、あるいは慰謝料を取るために確かな証拠が欲しくて自分で調査をする人もいますが、なかなか思うようにいかないことが多いようです。
また、昔の浮気調査は浮気相手の周辺の人たちへ聞き込みをすることが多かったのですが、なまじ素人の人が浮気相手の周辺を調べると、その後に探偵社の人が調査しにくいと嘆くことも多かったようです。
昔は、浮気相手の近所の人も聞かれれば色々答えてくれましたが、現在では個人情報の保護が一般市民にもいき渡っているので、軽々と教えてくれる人はほとんどいないようです。

従って現代の探偵社の浮気調査は写真や映像など科学技術を駆使しての浮気調査になっています。
浮気調査の多くは女性の依頼が多いのですが、近年は男性が女性の浮気調査を依頼するケースが増えているようです。
同じ配偶者の浮気でも、昔は女性だけが「姦通罪」などという罰がある他、「浮気は男の甲斐性」などといって男の浮気はあまり責められることがありませんでした。

そして、あろうことか浮気相手を奥さんにして、今までの奥さんを放り出すといこともまかり通っていましたが、現代は女性も法律で守られているので、泣き寝入りはしません。
探偵社に浮気調査を依頼して、動かぬ証拠をつかみしっかり慰謝料を取る人が増えています。
また、浮気の現場を抑えられても話し合いでよりを戻すなど、たとえ探偵社に浮気調査を依頼したからといって、即離婚と考えていないケースも多くなっています。

配偶者が浮気をしているかどうか、はっきりしていないときの気持ちが一番切ないといいます。
離婚するか、あるいは離婚しないかに関係なく、浮気の証拠をつかまないことには、いつまでも心の中は地獄です。
配偶者の浮気という現実を前に突き付けられたときは、浮気調査の費用はかかっても、現実を直視してより良い解決の道を探すことをおススメします。